最新情報

「早起きは三文の徳」ぜひ精進しましょう!

「早起きは三文の徳」美容・健康の向上!

人間は太陽の光を浴びることで、成長ホルモン・幸せホルモンが分泌される。

成長ホルモンは「肌の再生を活性化」
幸せホルモンは「免疫向上による気分障害を防ぐ」

「早起きは三文の徳」活動時間が増え、精神的に余裕ができる。

多忙な時ほど、迷ったり悩んだりする時間が多いため、予定よりたくさんの時間を取られやすい。

早起きで、計画や手順を整理する時間をとり、少時間でも大きな精神的余裕を得る。

「早起きは三文の徳」記憶力の向上。

脳が最も活性化する時間帯は朝。体を動かすのではなく、頭を動かす時間に最適。
...

詳細

9月7日(火)午後8時より『動く坐禅カラテ護身術』のオンラインワークショップです。

いざと言う時、どんな時でも、自分の身を守ってくれる、最強のボディーガードは、自分自身しかありません。

この講座では、極真カラテ、太極拳で活用している、身体の使い方、身体の軸と力の動き、弱点と防御、動きと丹田呼吸法。動く坐禅を知る場です。

より実践的な技術を学び、自他共に「救える技」を身に付けて、命を守りましょう。

誰にでもできる、初歩的な技術をお伝えし、女性や子ども達が、護身術を習得できるように、入門講座となります。ぜひ、いらしてください。

そして、午後8時55分からは、
恒例の『新月座談会』で...

詳細

「我慢して、坐禅したからってなんなのよ?」じっとしてるのが苦痛な方。

「なんにもなりません。純度の高い自身になるだけ」私

明日9月1日(水)は、恒例の朝ネット坐禅開催いたします。

歴史に裏付けられたセルフケア方法、リラックスしながら集中力が高まる。って事です。

【心】心の深まり。【身体】身体の調整。【社会】生き方の改善。日常で出来てますか?

また、セロトニンの活性化。その環境に最適な脳波、アルファ波(身心ともに安静な状態)やシータ波(寝入りの状態)が出る。アルファ波は別名「幸福の脳波」セロトニン活性化とともに、爽快感を得る。日々、曇り無く健やかに暮らせてますか?

さあさあ!「...

詳細

大変素晴らしい感想の数々をいただきました。
どうぞ、夏休み明けの子ども達にぜひ伝えて下さい。

https://www.facebook.com/1548699725/posts/10218726145735289/?d=n

『子ども達に伝えたい‼︎命ってなあに?』(無料)

              根本一徹 合掌
【子ども達の質問】

・命ってなに?

・命はどこにあるの?(心臓と命はちがうの?)

・人の命はどうやってできるの?

・どうして人には命が宿るの?

・死んでしまったら命はどこにいくの?

・命にはどれだけの価値があるの?

・命を守るためにできることは?

・人(...

詳細

『子ども達に伝えたい‼︎命ってなあに?』(無料)

2021年8月26日(木)10:30頃FBライブスタート

先日は、命の授業にお招きをいただきまして、大変盛り上がりました。

子ども達の質問を受けて、講演を乗り出し聞く姿と沢山の質疑応答が嬉しかったです。
その後、子ども達100人程の一生懸命書いてくれた感想文を、先生に送って頂き、楽しくじっくりと読ませていただきました。

知的好奇心と吸収力、見え方の変化や日常改善への意気込みなど、空気感が伝わり、とても嬉しく思いました。

ほんとうに貴重なご縁に感謝しております。
そして、皆さまにも伝えたいと思います。

コロナ禍で、長いこと頑張っ...

詳細

「旅だち」ワークショップに参加されました、弥月わかなさんが、そのことを漫画作品にしてくれて、無料公開して下さっています。ありがとうございます!

ぜひ読んでみてください。そして、必要とされるところへ届くことを祈願してます。皆さま、拡散等どうぞよろしくお願いいたします。

『今生きている、すべての君とあなたへ』~命あっての物種編~ 
https://mizuki-0.hatenablog.com/entry/2020/04/30/135347 

そして、最新作ができたお知らせを頂きましたので、お伝えさせていただきます。
https://m.facebook.com/story.php?s...

詳細

クチコミ

2 年前
日々の生活に疲れを感じて生きる意味に迷った時にちょくちょく通ってます。住職さんは自殺防止相談の第一人者と言える方です。
- kazz m
1 年前
(Google による翻訳)禅師の素晴らしいお寺です。 (原文) It is a wonderful temple of a Zen master.
林茂登也
1 年前
林茂登也

臨済宗妙心寺派 神宮山 大禅寺

  • 臨済宗妙心寺派 神宮山 大禅寺
1338年 延元3年 美濃国武儀郡富野村
(現・岐阜県関市上大野)に、鎌倉時代の臨済宗の僧である峰翁祖一(ほうおう そいち1273年〔文永10年〕 - 1357年〔延文2年〕正宗大暁禅師。一説には鎌倉幕府の執権北条時宗の母の弟と伝わる。)が、大禅寺を開創した。
現在の住職は第16代住職根本紹徹(本名 )
「いのちと向き合う宗教者の会」代表。

◼️いのちと向き合う相談について
相談は初回のみ電話やメールではおりません。お問い合わせ後、寺へお越しいただける方のみとなります。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 0575-29-0422

住所

ルートを検索
日本
〒501-3204 岐阜県
関市上大野355
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。